ロールスロイスの緻密なカラーリング技術

TECHNOLOGY

ハンドメイドで描く、精密なコーチライン

表面仕上げを専門にするセンターがあります。色が生き生きとする場所として知られています。異なる色を混ぜ、ペイントにマッチングさせるには、色彩を判断し微差を読み取る目を必要とします。

ハンドメイドで仕上げる5メートルのコーチラインを描くには、極めて高い精度が要求されます。

そしてまるで鏡のようなボディーは、何時間も入念なハンドポリッシュによって完成されます。

ロールスロイスはこのすべてに妥協をすることはありえません。

極限の完成度を求めるロールスロイス

完璧なロールスロイスのカラーとピアノシャイン仕上げを実現することは、驚くことではありません。

少なくとも5層のペイントの後、そのうち2層に高光沢のクリアコートを施し、検査員が各モーターカーの表面を厳密にチェックするのに5時間を費やします。これは当然の作業です。

「ペイントワークが完璧であることを確認したら、ペイントを平らにするために手で車全体を注意深く研磨します。

その後、毎分約2,200回転する特別なラムウールモップを使用して最大5時間研磨します。」

サーフェスフィニッシングセンターのサムウィルマンは説明します。

苦労を厭わないことは、ロールスロイスの塗装を仕上げるためには重要要素です。 完璧で最高のものを仕上げることは決して容易ではありません。

ビスポークを作成する際には、チーフインスペクターのモースレイスが、カラー専門家が非常に特殊なツートーン仕上げを適用するという課題を抱えていました。

ショルダーラインに沿って色を分割するのではなく、ボンネットと後部がルーフと一致するように、ルーフは唯一の対照的な色である必要がありました。 当社の表面仕上げチームは徐々に20層の塗料を塗布し、各層の品質を確認しました。 不完全さがあれば、彼らは再び最初から始めなければならなかったでしょう。」

コーチラインにも細心の注意を払う必要があります。ビスポーク仕上げタッチとコーチラインは、ロールスロイスの外観に明確なディテールを加える機会となります。

それぞれ5メートルのラインは、1人の専門家が3時間、安定して手でペイントします。 牛とリスの毛から作られたブラシを使って描く、それぞれの線は真の芸術作品です。

44,000色の中にもマッチするカラーがなければ

特に色のこととなると、ビスポークチームの職人技の見せ場となります。44,000色からあなたの色を引き出すために個別の色合いを備えているため、ロールスロイスの外観をパーソナライズできる域は無限に広がります。

複数の色が必要な場合は、2トーンの外装またはブラシで塗られたステンレス製のボンネットを組み込むことができます。

また44,000色すべてが、あなたのビジョンにマッチしない場合は、当社のビスポークペイントスペシャリストはあなたのためだけのサンプルカラーを作ることができます。

「私たちはあなたのロールスロイスを完全に、他のもの何でもあわせて色付けすることができます」と、カラーデザインとプロダクションスーパーバイザーのスティーブ・ウィリアムズは説明します。

「顧客のお気に入りのヒスイのネックレスと特定の花の花びらに合わせて塗料を混ぜ合わせたことがあります。私はそれに純金を混ぜた塗料さえもを作ったことがあります。」

忘れてはならないのは、この色は物語の一部に過ぎません。私たちの専門家は、ペイントエフェクトに他では得られないような仕上げをすることができます。

例えば、パール塗装は、様々な色に適用できる色の輝きを持っています。キャンディ塗装で輝きをだすには、専門家が最初に効果を上げた後、真珠色効果を拡大するために透明なソリッドカラーを上に塗ります。クローム塗装は、3色の印象を一度に与えるアイキャッチングな色素です。

ビスポークチームにあえて挑んだ顧客は、博愛家で企業家のマイケルフックス氏です。彼のロールス・ロイスモデルの1つでは、ペイントチームに、トフィーリンゴの半透明の赤と一致する色を作成するように依頼しました。

多くのサンプリングの後、チームは正しい色を手にすることができ、その彼の名を色に名付けました。

フックスキャンディーレッドは現在、フックス氏のために独占的に予約されています。

記事一覧へ