ポルトチェルボにインスパイアされたドーンとレイス

BESPOKE

セレブリティーリゾートに登場した2台のロールスロイス

サルデーニャ島に用意されたロールスロイスサマースタジオで、世界で最も排他的で魅惑的な地域の雰囲気と活気を反映するように発注された、2台のすばらしいビスポークモーターカーが展示されました。

エメラルドの海岸として親しまれるポルトチェルボにインスパイアされ誕生しました。

Costa Smereldaにあるマリーナが、この2台のビスポーク・ロールスロイスにより絶妙に表現されています。

これまでの作品の中で最も強力なモーターカーであるレイス、最も社会的なドロップヘッドクーペであるドーンにより象徴されました。

ブランドの顧客は、個人のレガシーとなるビスポークを注文して創造的な自由を得ています。サマースタジオのオープニングを記念し、この芸術作品を実演するために、ビスポークロールスロイスは「DawnまでのDusk(朝焼けまでのたそがれ)」がテーマとなっています。

ビスポーク レイス

ロール・ロイス・モーター・カーのフューチャーリテールのゼネラルマネジャーであるIsobel Dando次のように述べています。

「お客様は、世界で最も美しい集団のいくつかに存在することに喜びを見出します。サルデーニャとその驚異的なコスタ・スメレルダは、ロールスロイスが親密な環境で真のラグジュアリーを確保する完璧なセットとなっています。

それがロールスロイスサマースタジオです。 ポルトチェルボの名所とここのロケーションカラーにインスパイアされた素晴らしいビスポークレイスとエメラルド・エンベリッシュド・ドーンは、多くのお客様にお喜びいただけるものと確信しています。」

夕暮れの周囲の色合いは、ビスポークレイスに染み渡らせています。ツートンカラーのシルバーのエクステリアは、日中の光の調光を反映し、紫色のフィーチャーラインはこのユニークなモーターカーのインテリアムードを演出します。

1911年以来各ロールスロイスのボンネットを飾っているフィギュアであるスピリットオブエクスタシーは、モーターカーのサイングリルの上で、その位置から柔らかな照明を投げかけます。

コーチのドアを開けると、コスタ・スメレルダの華やかな居住者たちが誇る謎のオーラが、青、紫、スレート(濃い青味がかった灰色)、ブラックの色合いにより表現され、夜が更ける落ち着きが与えられます。

オーストリッチレザーの使用により、美しく整えられたキャビンに深みと質感が加わります。

ビスポーク ドーン

まったく対照的に、ドーンはポルトチェルボの海岸線の活気と鮮やかな色を捉えるように作られています。 ユニークなエメラルドグリーンの外観は、独特の貝殻とグリーンの革のインテリアと相殺されています。 オープン・ポア・チークは、海上に滞在するエレガントな感覚をほのめかしながら、乗員をカプセルに包み込みます。 航海のテーマを続けて、ラゲージコンパートメントのために注文されたチークのブートフロアマットが作られました。

このユニークなモーターカーの中心に、アートの中にアートがあります。 貴重なエメラルドとマザーオブパールがホワイトゴールドにセットされ、魅惑的な島の時間を越える思い出としてフェイシアに示されています。 ブローチがガウンを飾り、宝石たちはこの絶妙なモーターカーの視覚的な調和を完成させます。 ポルトチェルボのエンブレムの形から、このモーターカーの精神が発祥した魔法の島を思い出させます。

アート作品としてのロールスロイス ビスポーク

コスタ・スメレルダは、世界中の職人のための豊かなインスピレーションの源です。 ロンドンに拠点を置くタトゥーアーティスト、Mo Coppolettaは、この2つのモーターカーのキュレーションのためのロールスロイス・ビスポーク・デザインチームのクリエイティブミーティングの間に、そのようなインスピレーションを得てパーティーに参加しました。

Coppolettaは、素晴らしいスタイリッシュなブランクのキャンバス(2本の革製ロールスロイスヘッドレスト)を見て、サマースタジオでthe Dusk until Dawnのそばに展示されたタトゥー作品になりました。

Coppoletta氏は、次のコメントを残しています。「ポルトチェルボの色と雰囲気は本当に刺激的です。 私がロールスロイスのために作成したデザインは、Promenade du Portの港からこの魔法の場所を観察して経験した感情を呼び起こします。」

ポルトチェルボのロールスロイスサマースタジオは、2016年9月まで公開されていました。

記事一覧へ