ピクニック・ハンパーでファントム・ゼニス・コレクションを祝う

PRESS

Bespokeから生まれるピクニック・ハンバー

希少性とは真の贅沢品に与えられる特質です。この精神で、ロールスロイスモーターカーズはファントム・ゼニス・コレクションのピクニック・ハンパーの制作に当たりました。

第8世代ファントムリムジンデビューの準備として、2016年初めにロールスロイスモーターカーはファントム・ゼニス・コレクションと名づけられた50種類の特注の特注品を製作すると発表しました。

ロールスロイス・ビスポークデザインチームの専門的なアプローチにより高い品質が求められました。そしてデザインチームはついに新しいモーターカーを保管するビスポークピクニックハンパーを作り上げました。

ロールスロイスの歴史をモチーフに

珍しく貴重なビスポークピクニックハンパーの完成はコレクションの歴史的意義を暗に示しています。

このハンパーは、ロールスロイスの際立つ職人技と慣習的な目で結ばれた真のコレクターズ・ピースとしての役割を果たします。 各ファントムゼニスコレクションモーターカーの所有者と完全に一致するように、各ハンパーは順次番号が付けられます。

アメリカンウォールナットの木材と天然グレインレザーで作られ、そのコンセプトを味わい、賞賛の対象となるでしょう。

それぞれは、車のインテリアに合った3つの色の組み合わせの中から選ばれた配色で仕上げられています。 これには、1929年のファントムIIに触発された微妙に対照的なアルデントレッドレザーとブラックレザーパイピングが含まれます。

1925年のロールス・ロイス・ファントムIIの優雅な雰囲気を呼び起こす、ネイビー・ブルーとアークティック・ホワイト・レザー・パイピングの現代的な組み合わせ。 1911年のロールスロイスシルバーゴーストを連想させる、シーシェルパイピングの時代を超越したブラックアントラサイトレザー。

ハンパーのレザーステッチと、リッドのコントラストカラーのダーツは、ファントム・ドロップヘッドクーペとファントム・クーペのスプリットテールゲートのインテリアと共鳴しています。

そのインテリアは、プライベートなホスティングエリアには、クールボックス、照明付きガラス棚、シャンパンホルダー、レザーシートが付いています。

世界に50台のピクニック・パンパー、一台ずつに識別番号を刻印

ハンパーを開くと、所有者は自分の車両に与えられた識別番号に対応するユニークな飾り板を見つけることが出来ます。たった50台のうちの1つです。

ハンパーに取り付けられているピアノブラック・ピクニックテーブルは、アルミ製のヒンジで折り畳まれています。 ヒンジは、車内のアームレストのように、これらの顕著なモーターカーの歴史を参照していて、各車の実験的バージョンの世界的なデビューの場所が刻印されています。

ファントム・ゼニス・コレクション・ピクニック・ハンパーのデビュー

ハンパーのレザーとウッドのインテリア棚には、鉛クリスタルガラスを用いたワイングラス、手作りのステンレス製のカトラリー、アークティックホワイトのロールスロイスのモノグラムが刺繍されたナプキン、手作りのアメリカンウォルナットのチョッピングボードが含まれています。

最終的に盛んなゼニス・コレクション・ピクニック・ハンパーは、エッジ周りのディテールが黒とプラチナでペイントされたユニークな食器類で構成されています。

ファントム・ゼニス・コレクション・ピクニック・ハンパーは、8月17-21日にカリフォルニアのペブル・ビーチコンクール・Dエレガンスに展示されます。

記事一覧へ