Phantom Extended Wheelbase

ロールス・ロイス ファントム エクステンデッド・ホイールベース

直観的にそれと分かる、見誤るはずのない Rolls-Royce の「ルックス」

フォルム コンセプトを固めるためのスケッチ作業が始まった瞬間から、イアン・キャメロン率いるデザイン チームが追求したのは、直観的にそれと分かる、見誤るはずのない Rolls-Royce の「ルックス」でした。

Phantom II の大胆さと自信、あるいは Silver Cloud の流麗な優雅さは誰もが認めるところです。問題は鍛えられた目にそうしたラインがどう映るか、フォルムの背後にある科学が見えるかどうかです。そこでキャメロンと彼のデザイン チームは、会社の歴代の偉大な創造物を片端から調べました。Rolls-Royce のエッセンスを、あるいはデザイン上の DNA を見つけ出すためです。

その代表例が伝統的デザインのグリルとマスコットのスピリット オブ エクスタシーですが、それ以外にも強力な効果を発揮するちょっとしたデザイン エレメントが無数に存在します。コーチ ドアとクロムの効果的な使用もそれに含まれます。部内で「ワフタビリティ ライン」と呼ばれる、緩やかにアップスイングするシル ラインが車両のスタンスにパワフルで、どっしりした印象を与えます。そして、Phantom は静止しているときからすでに走っているかのように見えます。

キャメロンと彼のチームが伝統的プロポーションと目の覚めるようなモダニティをミックスして創り上げた、21 世紀にふさわしい Rolls-Royce の姿を堪能してください。

この最高級のサルーンはSWB(ショート・ホイール・ベース)とEWB(エクステンデッド・ホイール・ベース)、2モデルでご提供させていただきます。

インテリア

Phantom エクステンデッド ホイール ベースでは、後部座席の乗員のためにレッグルームが従来より 250 mm 延長されています。これにより外観がいっそう印象的となり、インテリア空間にゆとりが生じます。最新の優れたコミュニケーション テクノロジーを導入することにより室内に気ままな空間が生まれ、仕事をしたり、座って考え事をしたり、目の前を滑るように過ぎていく世界をただ眺めたりするのに最適です。スペースフレーム構造は適応性が高く、そのためクルマの性能や美しさに妥協を求めなくて済みます。後部座席は車両の後ろ寄りに設置されているので乗員のプライバシーが守られ、しかも車窓からの眺めも制限されません。

エクステリア

長いホイールベースは、長いボンネットも伝統的な Rolls-Royce のルックスに欠かせません。フロントがオーバーハングの短い大胆なアップライト デザインなら、リヤはソフトな雰囲気にする必要があります。ということで、ルーフラインの後部は幅広の C ピラー(ルーフを支持する車両最後部の垂直ポスト)に融合し、流麗なラインを形成しています。大きなホイールも Rolls-Royce Motor Cars のプロポーションに不可欠な要素です。ホイール / タイヤの径は車高のほぼ 1/2 というのが、この場合の譲れない原則です。

「私たちが何よりも優先したのは、たとえラジエター グリルが見えなくても見誤るはずのない、まぎれもない Rolls-Royce を創り出すことでした」(キャメロン)。

Rolls-Royce Phantom Extended Wheelbase 主要諸元

ドア数 / 座席数 4/5
全長 6,090 mm
全幅 1,990 mm
全高 1,655 mm
ホイールベース 3,820 mm
ハンドル 右/左
メーカー保証 4年間・走行無制限(但し、業務使用の場合は走行16万km限定となります)
エンジン 60°V型12気筒 / 48バルブ
総排気量 6,749 cc
最高出力@エンジン回転数 338 kW / 460 PS @ 5,350 rpm
最大トルク@エンジン回転数 720 Nm/73.4 kgm@ 3,500 rpm
0-100 km/h加速 6.1 秒
最高速度 240 km/h(リミッター制御)
ギアボックス 電子制御 8 速AT
消費税込車両本体価格 ¥59,950,000 (2016年7月1日 現在)